岡山県 -Okayamaken-




 岡山県は中国地方にある瀬戸内海に面した県です。岡山県では雨が降ることはなく、一年中太陽がギラギラと輝いています。そして、県民たちは照り続ける太陽によって理性を失い、性衝動や殺人衝動のままに生きているのです。


  【都市伝説】


(上:「俺は桃から生まれた!」)
 岡山県には「鬼が島」と呼ばれる都市伝説があります。

 ***

 かつて、岡山県のとある場所に鬼が島という島がありました。昭和初期のある頃、照り続ける太陽に脳をやられた一人の青年が発狂します。彼は「俺は桃から生まれた!」と訳の分からないことを言い出し、手懐けておいた犬や猿を引き連れて島民全員を虐殺したのです。島民がいなくなった鬼が島は居住区としての機能を失い、地図からその名を消され、県の公式文書からも鬼が島に関する記述は全て抹消されたのです。

 しかし、現在でも廃墟となった鬼が島はそのまま存在し、悪霊の棲家となっています。そして、そこを訪れた者は二度と生きて帰ることはできないのです。


 ***

 このような都市伝説が、ネット上でまことしやかに語られています。「鬼が島」の特徴としては、次のようなものがあるとされます。

・入り口に朽ちた鳥居がある
・鳥居の根元に鬼の顔のような岩がある
・入り口には「鬼が島へ入る者、命の保証はない」と書かれた看板がある
・鬼が島の奥へ入ると、廃墟となった住居があり、その中では惨劇の痕がそのまま残されている。きび団子も散らばっている。


  【県民性】

 上記の都市伝説はあくまで伝説に過ぎず、実際にあった事件とは考えられません。しかし、上記のものは都市伝説ですが、岡山県に連続殺人事件が多いことは疑いようもない事実です。岡山県人は基本的に閉鎖的であり、他人に対する猜疑心が強く陰湿で、また、村には不合理な因習が多く残っており、異常な価値観や倫理観を子供の頃から刷り込まれています。なにより、全員照り付ける太陽に脳をやられています。

 岡山では以前にも「津山三百人殺し」「八つ墓村連続殺人事件」「獄門島連続殺人事件」「悪霊島連続殺人事件」「倉敷殺人事件」など、被害者数が3ケタを超えた歴史に残る大量殺人事件が頻繁に発生しており、現在でも数十人規模の殺人事件なら連日のように発生しています。都民が岡山を訪れた場合、これらの殺人事件に巻き込まれる可能性は極めて高いので注意して下さい。都民である金田一耕介氏も、仕事や私用で岡山を訪れた際は、高い確率で殺人事件に巻き込まれています。

 また、岡山県民の行動原理として、殺人衝動と並び重要なのが性衝動です。端的に言ってしまえば、彼らは殺すことと犯すことしか考えていません。岡山には夜這いの風習があるため、都民女性が岡山へ宿泊することは大変危険です。抵抗せず体を許したとしても、その後でまず間違いなく殺人事件に巻き込まれます。こういった岡山県人の県民性を鑑みて、都民の学者の中には「岡山という県名は犯山から来ており、かつては犯罪者の巣窟を意味していたのではないか」と唱える者までいるほどです。

 ところで、岡山県人は若者であっても、「〜〜じゃ」「〜〜じゃろう」などと、まるで老人のような口調で喋りますが、これは自分たちが無力な老人であることをアピールして都民を油断させるための陰湿な罠です。相手を油断させることが、殺すにも犯すにも都合が良いのです。


(上:一般的な岡山県人)


  【名産品】

 岡山県の名産品は「備前長船」と呼ばれる日本刀です。この日本刀が、岡山県でどのような用いられ方をしているのか、もはや言うまでもないでしょう。「津山三百人殺し」でも備前長船が使われました。


  【グルメ】

 岡山県の名物が「ぶっかけうどん」です。これがどのようなうどんであるか、賢明な都民のみなさんには説明するまでもないですよね。彼らの異常な性衝動が、このような吐き気をもよおす食べ物を作り上げたのです。岡山県人は老若男女を問わず、喜んでこれを食べると聞きます。恐ろしいことです。


(上:ぶっかけうどん ※あまりにグロテスクなため
モザイク処理を施しています


  【注意点】

 しかし、今まで岡山県の恐ろしさばかりを書き連ねてきましたが、実際のところ、岡山県はそれほど恐ろしい土地ではありません。確かに岡山県では毎日連続殺人事件が発生し、一日に数十人規模の被害者が出ていますが、東京以外の野蛮な土地では、一日にたった数十人の犠牲者はむしろ安全な部類に入ります。観光難易度は比較的低いといっても良いでしょう。

 ですが、安全だからといって、私はみなさんに岡山県への観光をオススメしません。なぜなら、岡山県には見るべき観光スポットも、味わうべきグルメも何一つないからです。備前長船を購入しても東京に持ち帰ることはできませんし(東京都は野蛮な県からの持込を厳しくチェックしています)、ぶっかけうどんなんて、正気の都民ならば口にしたくもありませんよね。危険が少ない代わりに、岡山には得られるものも何もないのです。岡山には、人を狂気に陥らせる太陽が、ただ輝いているだけなのです。


【観光難易度 ★★★☆☆




トップページに戻る